法人のお客様はこちら

機密情報の処分

2005年4月に個人情報保護法が施行され、個人情報の識別できる機密書類・機密文書・機密媒体等の適正な管理・処理が求められております。ワンナップでは、多くの実績で安心のサービスを提供しております。

機密文書の回収

機密書類の処理は、焼却ではなく、溶解処理を採用しております。
ゴミ削減、化石燃料節約、森林資源保護につながる環境に優しい古紙リサイクルへと循環させていただいております。

大量シュレッダーにて処理。一定の大きさへ圧縮・成形→溶解処理、最終的にトイレットペーパーにリサイクル

HDDの物理破壊

個人情報や、企業の機密情報の残ったままのハードディスクの廃棄は、情報漏洩の元となります。
単に、ゴミ箱からの削除、フォーマットといった行為を行った後でも、データを復元することは可能で、情報漏洩のひとつの原因となっています。
ワンナップでは、最も安全で確実とされている物理破壊を採用しています。
お客様の目の前で破壊、短時間で100%完全消去し、リサイクルも可能、情報漏洩防止と資源環境対策を両立することができます。

お客様の目の前で破壊してから、加圧変形させデータの読み取りを不可能に→分解でき高効率なリサイクルが可能

 

個人情報取扱事業者賠償責任保険について

万が一、機密情報処理の際に、個人情報や機密情報の漏えいが起こってしまった場合、最高3億円の損害補償をいたします。

産業廃棄物の処分

事業者が産業廃棄物の処理を委託する際には法律により、下記項目を遵守することが義務づけられています。
1.産業廃棄物処理業者と委託契約を結ぶこと
2.産業廃棄物処理業者に対して産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付すること

委託契約書の流れ

収集運搬契約書(お客様とワンナップ)

処分契約書(お客様と中間処理工場)

マニフェストの流れ

排出事業者→収集運搬業者→中間処理業者→収集運搬業者→最終処分業者

産業廃棄物の処理工程

収集運搬→中間処理→最終処分又は再資源化

【中間処理】 破砕、中和、焼却等を行うことによって、産業廃棄物を減量化したり、無害化したり、安定化したりすること
【最終処分】 主に埋め立てを行うことによって、産業廃棄物を自然界へ戻すこと